アシヤ印刷のポリシー


代表取締役
芦家玄剛

私たちアシヤ印刷株式会社は、1922(大正11)年の創業より印刷業界の一員として各種印刷の品質・技術の向上に貢献してまいりました。長年に及ぶ弊社の歴史(経験)を糧に、新商品の研究開発・既存製品の改良を常に行い信頼のおける製品を、お客様に提案し続けております。

当社では、グラビア印刷・UVオフセット印刷・コーティングマシン・その他インライン、オフラインによる後加工機群!その各々に潜在している付加価値を融合し、斬新さ優しさ確かさを兼ね備えたバリアブル商品を産み出しております。

印刷業界は高度情報化時代による技術革新の真っ只中です。当社は勿論の事、印刷業界は新たな変化を遂げなければなりません。

未来は私たち印刷業界にとってどんな時代になるのか・・・。
新しい時代に応じた、真のニーズに答える事業・商品とは何か・・・。
私たちアシヤ印刷は、新しい時代にどんな足跡を残せるのか・・・。
私たちの若い感性と躍動力が、新しい時代を創って行きます。

常に求められた以上の結果を出していく。その姿勢に、信頼が集まる。私たちはそのポリシーを持ち続けていきます。クライアントの皆様のより良き秘密兵器・戦略のエキスパートとしてアシヤ印刷の名前を覚えて頂けるよう、これからも一層の努力を続けてまいります。代表取締役芦家玄剛

経営理念

私たちは社員一人一人の自己の成長と企業の安定、発展をはかり、その恵みに対して感謝と誠意を持ってユーザーへ機能を提供し社会に貢献し続ける。

社訓

アシヤ印刷は以下の4つの言葉を大切にしています

進化するから歴史になる

印刷周辺・印刷システムが急速変革し、一方では印刷分野が浸食され、次世代へと進化を模索する中、印刷企業のサバイバルが熾烈に展開されている。我々は、印刷物を創造し、提案する。素材の開発を原点に、新たな製品の誕生を発進しながら進化の道を歩み続けます。

使命感があるから第一人者になれる

開発、情報収集力、そして使命感。わたしたちは3大要素を結集します。開発の意外性。それは自然の神秘。情報収集力に裏づけされたアイデンティティ。市場が待ちわびる製品化への使命感。パイオニアとしての使命感がそこにある。

共生するから和が拡がる

印刷、情報、通信、宣伝を生み出す部品創りが使命。リサイクル、人に優しく、環境と共生する部品創りを根底に、関連企業と手を携え大きな和(輪)に耐え得る小さな部品を創る事がモットー。単に印刷物に捉われず、周辺機器の開発提案も行う。

積み重ねれば巨大になる

アシヤ印刷は、巨大システムを支える部品を創ることに、自信と誇りを持っています。

システム図

↑このページの先頭へ↑